I.Natural Life

爬虫類・フィールド・他

 

4日目1

アカマタ
P4044530.jpg
この日の夜は何か違う、そう気温が前日より高い。
なんと1っ発目にアカマタが林道に出てきているではないか!
気温が上がると活性も上がる。
期待が高まるってもんだ。
スポンサーサイト

3日目2

ナミエガエル
P4034518.jpg
この日は気温が低く生き物の活性が上がらないのかなかなか出てこなかった。
その中でてきたのは沖縄県指定天然記念物の中型のナミエガエルさん
寒い中でもこういう出会いがあるとカメラ構える手元は局所的に温度上昇。

3日目1

東村ふれあいヒルギ公園
P4034480.jpg
P4034482.jpg
P4034486.jpg
3日目午前にヒルギ公園へちょっとした生き物を探しながらマングローブを散策。
こんど家族観光できたらカヤックもイイかも。

2日目9

ヤンバルオオムカデ
P4034508.jpg
P4034507.jpg
何があるかは誰も分からない
2日目の深夜かなり眠気もピークにさしかかる・・・
その時、T Room of hobby2のT氏がただならぬ興奮状態で叫びながら走ってきた
ヤンバルオオムカデいたでぇ~!
発見場所へ駆け寄りライトを照らしてみると、そこには見た瞬間鳥肌が立つほど
巨大なオオムカデが・・・
subtropical LIFEのMr monday氏がライトを照らしT Room of hobby2のT氏がピンセットで
応戦、そして僕は袋を持って捕獲待機・・・
捕獲成功しジップロックに入れる時あまりの巨大さと恐怖にこえぇ~と叫んでしまう(マジで)
眠気が一気に覚めた瞬間だった!
捕獲翌日改めて衣装ケースに入れて撮影。
そこには深緑の胴体に綺麗な瑠璃色をした長い脚、全長30cmupのヤンバルオオムカデ!
おそらく被写体としては日本一だろう。

2日目8

アカマタ
P4024466.jpg
リュウキュウアオヘビ
P4024448.jpg
パイプの中から出てきてもらいましたアカマタとリュウキュウアオヘビ。
やっぱり蛇見ると嬉しさ倍増!
どちらも無毒なヘビでバンバン飛んでくる様は微笑ましくも思います。

2日目7

イシカワガエル
P4024436.jpg
今日も大物がでました沖縄県指定天然記念物のイシカワガエル。
日本にコンな綺麗なカエルが居るなんて・・・思わず目が点になるほどスバラシイ!
フィールドに行ったら是非見たいと思っていただけに出会えて良かったし
見つけた時の高揚感はフィールドでしか味わえない。
何度でも行きたくなるよね。

2日目6

シリケンイモリ
P4024414.jpg
国頭村林道でみつけたシリケンイモリ。
イモリといえば水棲イメージが強いので陸場でみると違和感を感じてしまう。
金の乗ったシリケンも綺麗だけど個人的には黒いノーマルな個体が好きかな。

2日目5

比地大滝
P4024379.jpg
P4024394.jpg
午後からは国頭村比地大滝でフィールド散策。
比地大滝ではオキナワキノボリトカゲをターゲットに探したけど見つけられず
そのかわり色鮮やかなバーバートカゲとアオタテハモドキを写真に収めることができた。

2日目4

ウフギー自然館
IMGP0066.jpg
昼食はひまわり食堂で牛肉そば(話で聞いていたけどほんとに美味かった。)
その後、ウフギー自然館でT氏購入のSTOP!ROADKILLステッカーをレンタカーに張り
国頭フィールドへGO!
ちなみにレンタカー返却後ステッカーはT氏からプレゼント。うれしいっす!!

2日目3

今帰仁城跡
IMGP0062.jpg
IMGP0063.jpg
今帰仁城跡 世界遺産
三国志や戦国時代に多少興味があり本や漫画を読んでいたが
こうして自然の要塞を利用する造りを目のあたりにすると当時の苦難が想像できる。

2日目2

海洋博公園
IMGP0054.jpg
IMGP0060.jpg
海洋博公園。
植物の知識はないけど南国感は凄まじく感じる。
昆虫に始まり熱帯魚そして爬虫類・両生類、すべての生き物の環境には植物は欠かせない。
奥が深い植物の世界。
すこし勉強しよう先ずは小さいテラリウムから。

2日目1

美ら海水族館
IMGP0006.jpg
IMGP0030.jpg
美ら海水族館で目を引くのはやっぱりこのパノラマ水槽
デカさもさること2匹のジンベイザメが悠々と泳ぐさまは圧巻。
チョイ前までアクリル水槽で熱帯魚飼育していたので多少の知識はあるが
パノラマ水槽のアクリル厚さにビックリ、さらにこの透明度!
日本の誇る技術力は世界一を実感できる。

初日6

クロイワトカゲモドキ
P4014333.jpg
P4014336.jpg
初日最後は沖縄県指定天然記念物クロイワトカゲモドキ。
これも見つけた瞬間思わず発狂してしまった。
同じ日本にこんな綺麗なトカゲモドキがいるなんて!
カメラ構える手に力が入るほど魅入ってしまう。
初日から濃いフィールドに満足しホテルに戻ったのが夜中の1時過ぎ
興奮止まずに消灯したけど瞬時に爆睡。

初日5

オキナワミナミサワガニ
P4014324.jpg
今までカニと言えばは海で見るものであった。
こんな山奥に生息しているなんて・・・

初日4

リュウキュウカジカガエル
P4014323.jpg
ヒメアマガエルのオタマ
P4014315.jpg
オキナワでお初のカエルさん。
幼少時、カエルはなぜか特別な存在だった。
オタマジャクシは見るけど成体は探しても見つけれないレアな生き物であった。
夜はさらに続く・・・

初日3

タイワンクツワムシ
P4014318.jpg
サツマゴキブリ
P4014314.jpg
見つけた瞬間デカさに衝撃なタイワンクツワムシ。
じつはバッタ系が苦手な自分・・・いきなり飛んできてくっ付かれた日には腰が抜けるな。
ゴキブリは北海道の自然で見ることがないので新鮮だよね。

初日2

ヤンバルマイマイ
P4014307.jpg
アフリカマイマイ
P4014308.jpg
ヤンバルヤマナメクジ
P4014326.jpg
どれも今まで見たことのないサイズの生き物
見つけるたび高揚感up
PM10時の真っ暗な所をライト照らしてオヤジが歩いてたら不審者
だけどソコは人里離れた林道、いるのはカメラ持ったオジさん三人と貴重な生き物だけ。
夜はまだまだ続く・・・

初日1

イボイモリ 2017.4.1
P4014296.jpg
P4014301.jpg
やってきましたオキナワ~
当初予定していた渡嘉敷島は時化による欠航で急きょ名護拠点でのフィールドスタート。
先ずは腹ごしらえで450gのTボーンステーキでエネルギーチャージ!(マジ美味しでしたよ)
そして名護市山道へ・・・一っ発目いきなりの沖縄県指定天然記念物イボイモリに遭遇
見つけた瞬間、思わず声をだしてしまうほど嬉しい出会いだった。
ここでは二匹のイボイモリを見ることができ幸先良い旅の予感、そして場所移動しヤンバルの林道へ・・・



食す

ベーレンパイソン 2017.3.19
P3194284.jpg
P3194287.jpg
LLラットを悠々呑みこむベーレン。
ここまで来るのに4年、まだまだ伸び盛りもう少し大きく成ると思う。

納得

フトアゴヒゲトカゲ 2017.3.16
P3124166.jpg
虫も食い野菜も食べるイイ子。
愛嬌あって家族に可愛がられているのも納得できる。

出発

2017.3.17 ベーレンパイソン
P3174237.jpg
いよいよ初沖縄へ
渡嘉敷島1日と本島ヤンバル4日、どんな出会いがあるか楽しみな5日間!
ハブに注意してハブを探すサイコーだ
04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

Search
プロフィール

Aqua-rium

Author:Aqua-rium
FC2ブログにようこそ!!

アルバム
FC2カウンター
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR